【SIM PEOPLE】×【遥かなる時空の中で1・2・3】ゲーム画像で妄想した、勝手な二次ショートストーリーです。 オフィシャル逸脱覚悟でご覧ください★

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEO鬼の棲み家 1
住人 《アクラム》《弁慶》《彰紋》《詩紋》

20070208121959.jpg


「絶望」…京の愚かな民どもに知らしめたかったその言葉を
誰よりも身に沁みて痛感したのは
アクラム…己自身であった。
そう、愚かだったのだ。

敗因は鬼の一族、己の子分たちの愚かさにあったのだ。
班長のイクティダールは、人間の女を愛したバカモノは
すぐに情に流されてしまう愚か者!
副班長のシリンは、イケメン揃いの八葉の八人八色の
男の色香に流されてしまう愚か者!
ヒラのセフルは、ただの愚か者!
しかも、このグループは、何が悪いって
髪の色にテンでまとまりがないではないか!
鬼の一族とは…もう一度復習してみるがいい。
金髪に碧眼!
でろう?
だがどうよ!
イクティダール、アレは鼠色よ!
シリン、アレは茶髪よ!
セフルの金は…あんなアホは
脱色して金にみせかけていたに違いないのだ!
あんな者たちと組して、成功があるわけがない!
京をこの手にできなかったのは、あやつらのせいよ!
フッ、フハッ、フハハハハハハハハハ!!!

…ということで、お館様コトアクラムは
旧メンバーを解散、いや、ほとんど解雇して
「新・鬼の一族」の結成することにしたのだった。
彼は300年もの年月、
3代もの神子と24人の八葉につきまとい、
(なんだかんだ、八葉が気になってた…
いや、好きといってもよいアクラムだった)
来るべき鬼の栄華!真なる鬼の帝国のための
精鋭たる新たな鬼のメンバーを選んだ!
碧眼…これはいずれカラコンを与えることで妥協しよう、
ともかく一番目立つ!シンボリックな金髪!
これを有する、みめ麗しい八葉!
「遥か1」からは《詩紋》!
何も持たぬ、何もできぬ弱者のように見えながら、
実は他の者たちを動かす魔性の力を有している。
「遥か2」からは《彰紋》
憐れみ深きその風情のどこに潜むか、
生まれながらの権力者!
「遥か3」からは《弁慶》
これまでの鬼の一族ににはなかった、優れた策士。
目的のためなら、手段を選ばない冷酷さ!
すばらしいではないか!!
フッ、フハッ、フハハハハハハハハハ!!!

20070208122010.jpg


さて…アクラムはこの3人の地の朱雀を
立派な鬼へと育成できるのか?
いや、すでに立派な鬼かもしれぬ、この3人を
アクラムは無事束ねて行くことができるのかっ?!
スポンサーサイト

乳兄弟の塒 1
住人 《平勝真》《イサト》

20070203184404.jpg


勝真とイサト、乳兄弟の住まいです。
ひとつ屋根の下に住めばいいという、勝真の提案を拒み
同じ敷地の中に、自力で小さな居を構えたイサト。
乳兄弟とはいえ、ナアナアを許さない
イサトの自立願望が伺える。

長男気質の勝真は、イサトに
兄のように慕ってほしいぜひとも慕ってくれ!
と願っているのだが、
イサトは、実の兄がザラザラいる末っ子。
兄など、これ以上はいらない!
男として独りでも立派に立つ!
オレは自立したいのだ!
そう生きることを、望んでいるイサト。
そんな2人のココロの触れ合いには、すでに
すれ違いを感ぜずにはいられない…。

20070203184425.jpg


とは、建前では言ったものの…。
リッチとは言えずとも、
一通りのものは、不便なく揃っている勝真の家に比べ
ただ、寝ることと、わずかばかり食べることしか
できないイサトの家…。
便所と風呂は、勝真の家で使わせてもらっている。
実は、自立はできていないイサト…。
でもそんな、イサトがちょくちょく出入りすることを
ココロでは喜んでいる勝真は
イサトが使い安いように、
便所と風呂の位置を配慮して、家を建てた。
イサトには何も言わず…。
泣ける…。
そして、イサトの成長と自立を見守りつつ、
成長も自立もしてほしくない自分がいる…。
オヤジのような心境の、勝真だった。
泣ける…。

DSC01956.jpg


【おまけ】だけど…。

今日、豆イサトくん人形を作った。
衣装はまだなので、なんだか不憫だけど…
丁度いいから、勝真とツーショットを貼ってみる♪
イサトと勝真の強弱関係が、一目でみてとれる…。
泣ける…。

遥精倶楽部1
住人 《多季史》《平敦盛》《銀》

20070201233921.jpg

此処は何処…?
とも見まごう、ガーデンプレイス。
内の世界…外の世界…。
この世とあの世…。
その微妙な境界線に其処は存在する。

季史と敦盛と銀…
ファンタジーの世界に存在する、お伽の国の住人…。

20070201233938.jpg

引っ越してまもなく立ち寄った客人、
一人目は泰爺…。
二人目はアクラム…。
彼らもまた、ある意味
お伽の国の住人か…(悪役…)

できれば、浮世の生臭さのない妖精さんたちで
いて欲しい…いつまでも…。

好色三代男の館
住人 《友雅》《翡翠》《景時》

20070201134803.jpg

一見爽やかで優しげな色なれど、
自然界にあっては、口にしては毒…。
そんな髪色の男が3人一緒に住んでいる
【プレイボーイハウス】にいたしました。
この家の中では、景時さんはひとり
浮いた存在になってしまうのは、無理もないでしょう。
プールつきで、しかも裏庭にはポンド(沼)つき。
この物件をみつけてきたのはきっと
翡翠さんに違いありません。

20070201134826.jpg

友雅さんは、あくまでの和風にこだわりましたが
翡翠さんはさすがどこかがインターナシャナルで
「キャプテンの船室風」にこだわっています。
陸に上がったおカッパ…いえ、お頭も
塩の匂いが忘れられないようです。
どちらの部屋も、大吟醸に酔いしれながら
グランデーを舌で転がしながら
男の夢と浪漫と…時には甘やかな秘め事の時を
楽しめそうな、ムードがあります。
…が、景時さんの部屋は、まるで牢獄です。
薄ら寒そうな、暗い色の硬い絨毯、
部屋にあるのは呪術道具と、本棚だけ。
ストイックな、侘しい部屋です。

プール同様、バスルームもかなり
開放的な作りになっていて
今は生活のために、イヤイヤ軍隊で真面目に働いているものの
将来セレブなハリウッド俳優になって
女性を魅了して食べていくことが転職と企んでいる友雅の
ナルチシズムを磨く舞台になっていることでしょう。

清貧だもの ・家1
 住人 《イノリ》《セリさん》

20070131140045.jpg


実は、イノリくんは「遥か1」キャラの中での
ワタシのご贔屓キャラです。
(といっても、ショタコンではありません)
まだまだ少年らしい華奢な身体で、健気にも
鍛冶師見習いという仕事を持ち、
近所の子供たちの世話役という地域活動の上、
八葉などという、地球防衛軍のような
ケタ外れに重い責務を背負わされているというのに
まだまだその上!
背中にねえちゃんまで背負っている!
もう立派に成人女子の体を持つねえちゃんを!

本当は…せめて家事くらいは楽々なオール電化で
暖かな、ココロ安らぐような家に
住まわせてあげたい。
しかしながら、イノリくんは
そんな手加減をされたいコでもない、男の中の男!
ワタシの勝手な査定では、八葉の中で一番
男気のある、友雅さんほどの年齢になる頃にはきっと
八葉ほどの人数の子供たちを養い、喰わせ、青年会の長となるような
逞しいイイ男に育っているに違いない!
そんな風に育ち年齢を重ねていくイノリを見てみたい。
…そんなことから、ここはあえて涙を呑んで
貧乏生活から始めてもらうことにしました。
どうぞ生ぬるい目で、見守ってあげてください。

実はそんなイノリくんを、一番本能で理解し
買っているのは、セリさんなのかもしれない…。

20070131140100.jpg


外行水、外便所…
ワンルームの下町長屋風…。
貧しげな家に住みながら、貯金はわりにありますな。
病弱なため、予期せぬ医療費などの出費のために
イノリは固く生活をしているのでしょう…。

ますらお漢の砦・家1
 住人 《有川将臣》《源頼忠》

20070130231414.jpg

ココロだけは!
忠実な武士のつもりby頼忠こと、タダさんと、
ココロだけじゃ
メシは喰えねえ~だろby将臣、
ますらお2人の共同生活、その家は
まるで要塞のように頑強で骨太な印象。
やはり男は見せかけだけのマッチョじゃダメだ!
骨密度が肝心!
ということなのか…。
しかし見ようによっては無駄にガードだけは堅い
タダさんの心の要塞のようにも思えて
輝かしく楽しい未来を予想させない
見る者を沈痛な気持ちにさせる佇まいだ。
いきなり2階建てを望んだせいで
家計はとんだ火の車状態でスタートを切った。
そのせいか、将臣は料理の最中に火事をを起こすことが
日課になった。
《火事にならない料理法》を譲に教われ!将臣。

20070130231522.jpg

将臣が設計の際にこだわったのが、石作りの螺旋階段。
たとえ寝る場所に困ったとしても、それがなんだ!
野宿なんか、慣れっこだろ!
漢としての誇り、その象徴を家の芯に据えたいと思うだろ!
なんのことやらわからぬまま
将臣の心意気に、まんまと流されるタダさん。
(注・「なりほど」は誤字。「なるほど」の打ち損じ)

玄関近くの門番のような部屋は
タダさんの寝室。

20070130231537.jpg

2階の何もないガランとした、いかにも冷えそうな部屋が
将臣の寝室。
野宿もオッケーと豪語してしまい、
立派な階段で金を使い切ってしまった自己責任。
妙なシンボルのせいで、非効率な形の2階フロアは
男を上げるための、お互いを高めあうための漢の自習室。
人呼んで【めんずはうす】なのだと、
タダさんはまたひとつ将臣に教わった。
ウソを…。
自給自足のため、早々に家庭菜園を始めることとなった、
身体を鍛えつつ、腹をも満たす、
これもまた、【めんずはうす】の知恵なのだと、
さらにまたひとつ、タダさんは将臣に教わった。
ウソを…。

自分より年若なれど、たいした漢だ…。
タダさんは感心に、身が震えた。
ハッタリなのに…。
Copyright © ++シムとき!++. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。